Disability Japan Paralympics Sagamihara Tokyo 2020

神戸の障害者は、障害者が殺害された場所でのパラリンピックトーチイベントに反対している

しかし、一部の障害者権利団体は、非常に多くの障害者が殺害または負傷した場所の近くでパラリンピックイベントを開催するという考えに同意していません。

バリアフリージャパン

2021.04.12

神戸– 2016年7月に日本で最悪の大量殺戮が行われた神奈川県相模原市の障害者介護施設では、パラリンピックの火炎照明イベントが開催される予定です。

相模原の「やまゆり園」で19人の障害者が死亡、26人が負傷した。

東京パラリンピック組織委員会と神奈川県庁が運営する神奈川県庁に計画の概要を説明している当局者によると、この炎は、パラリンピック運動の価値観に沿ったあらゆる形態の差別を撤廃したいという相模原の願いを象徴することを主催者が意図している。施設。

しかし、一部の障害者権利団体は、非常に多くの障害者が殺害または負傷した場所の近くでパラリンピックイベントを開催するという考えに同意していません。

神戸の「自立生活センターリングリング」の社長、中尾悦子氏は3月29日にプレスリリースを行い、次のように述べた。

「私たちは、障害がどんなに深刻であっても、地域生活を提唱する障害者権利団体です。24時間の個人支援サポートを通じて自立生活を実現し、障害者の存在についての認識を高めるために取り組んでいます。

3月21日の報道によると、神奈川県、相模原市、神奈川恭堂会は、2020年東京パラリンピックの火炎灯式を「やまゆり園」に持ち込むことを決定した。

私たちはそのような恐ろしいニュースを学ぶことによって言葉を失いました。

さらに、彼らが「やまゆり園がインクルーシブ社会の原点になる」と主張していることを知って、私たちはこの考えに深い憤りを抱いています。

メディアでさえ、彼らが報道している方法でこの概念全体を賞賛しているようです。

これは、第二次世界大戦の終結以来、世界中の障害者を恐怖に陥れ、深刻な差別を明らかにして以来、最悪の殺人事件でした。

私たちの社会はすでに障害のない人によって、そして障害のない人のために準備されており、その虐殺を忘れていますか?

メディアの報道によると、「松明式典は「やまゆり園」で開催され、包摂社会への強い決意を国内外に示します。

しかし、制度化は包摂的な社会とは正反対であり、障害者の存在を分離し、否定するまさにその場所です。」

0 comments on “神戸の障害者は、障害者が殺害された場所でのパラリンピックトーチイベントに反対している

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: